プロの心理カウンセラーが教える!薬を使わずに5分で痛みが軽減できる【生理痛克服マニュアル】返金保証付き

目指すは背中美人と美尻!

背中で語る。

バックスタイルが素敵な人は男性・女性にかかわらず、思わず
目が行ってしまいますね。

男性は逞しさあふれる背中を目指す一方で、女性はしなやかな腰と
キュッと引き締まったお尻
ですね。

というわけで今回のピラティスのやり方は背中とお尻を同時に
引き締める方法です!


(1)
仰向けになり脚を骨盤幅に開いて両ひざを立て、おへそと恥骨を
マットに対して水平に保ち、肩と首をリラックス。

骨盤底筋(骨盤の底に存在し、骨盤の中の臓器を支える)を意識し、
下腹部をしっかりと引き締め、<息を吸って>準備。

(2)
<息を吐きながら>、下腹部を締めたまま、ゆっくりと恥骨の方から
徐々に骨盤を持ち上げる。

ひざが閉じたり開いたりしないよう注意します。息を吐ききってしまったら、
自然に呼吸を繰り返しましょう。


(3)
ひざから肩のラインが直線になるまで骨盤を持ち上げ、
体を安定させたら、<大きく息を吸い>ます。

(*)背中とお尻の筋肉をしっかりと使いながら、腰まわりの腹筋を
刺激し、肩には力が入らないよう注意しましょう。


(4)
次に、<息を吐きながら>、背骨を肩甲骨の方から順に、ゆっくりと
マットに戻す。(2)-(4)を毎日5セット行いましょう。


スキニースタイルがはやっている現在、素敵なお尻とバックスタイルは
とても重要です。

後姿美人を目指して背中をピラティス!

暑くなるにつれて背中が大きく開いた服を着ることが多くなるかと
思います。もちろん、冬場でもドレスを着れば背中を出しますよね?


そんな時に服の上に脂肪が乗っていたり、下着のラインが脂肪がへこむ
せいで見えてしまったりというのはちょっと、、、何ですよね^^;

というわけで今回は背中をすっきり見せるためのピラティスを紹介
します!

といっても、よく見るバックエクステンション(背筋)なんですが^^;


1)
うつぶせに寝て、手足を伸ばします。足の幅は骨盤の幅と同じようにして
ください。腕は肩幅ですね。


2)
息を吸いながら右腕-左足もしくは左腕-右足をゆっくりと上げていきます。
そんなに高く上げる必要はありません。軽くあげて、腕は前、足は後ろに
引っ張られているようにします。

このときあごを出して顔を上げたりせず、軽くあごを引くぐらいがいいです。


3)
息を吐きながらそれぞれの腕・足をゆっくり下ろします。

これを左右5回程度繰り返しましょう。


もし、余裕があれば、1)で寝そべったときに腹筋に力をいれ、
床とお腹の間にトンネルができるようにへそを天井に引き上げる感じの
状態でこのピラティスをやってみましょう。

効きます。

このように腹筋を意識するのはピラティスでいうと「コア」を意識する
ということにつながりますね^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。