プロの心理カウンセラーが教える!薬を使わずに5分で痛みが軽減できる【生理痛克服マニュアル】返金保証付き

膝つき腕立て伏せ

腕立て伏せをピラティスというのか?

というと考えてしまいますが、これも結構効きますので紹介して
おこうかなと^^;


腕立て伏せは胸を鍛えることが主眼となりますが、二の腕も
同時に鍛えることができます。


ふつうの腕立て伏せではきついので膝を突けば負荷も軽くなり、
いいエクササイズになります。

それでは、

(1)
膝をついて四つん這いになります。
足首をクロスさせて浮かせると同時に、膝から肩までを一直線に
なるように姿勢を保ちます。

息を吸って準備。


(2)
息を吐きながら、肘を曲げていきます。

このとき、膝から肩までは一直線になるようにキープしましょう。
息を吸いながら(1)へ戻ります。

これを5回繰り返しましょう。

手の位置をひざ側に寄せると二の腕にかかる負荷も大きくなります。
物足りないという方は試してみてください。

ピラティスで二の腕を細くするやり方

夏が近づくに連れて出てくるのが、、、そう!二の腕!


だけど私は素敵な振袖だから。。。
(振袖=プルプルな二の腕に付いたお肉のこと)

と、ノースリーブやタンクトップを着ることをあきらめていませんか?

でも、ピラティスには二の腕をすっきりさせる方法があります!
そこまで来ている夏に向けて頑張っていきましょう!


今回紹介するピラティスでは二の腕のついでに背中もすっきり
させることが出来ます。

その方法ですが


@
まず、うつ伏せに寝ます。手はカラダの外側に沿って伸ばし、手のひらは
上に向けます。

この状態から、手のひらを腰もしくはお尻につけて、しっかりと胸を開きます。


A
息を吐きながら、上体を床から4〜5cmだけ浮かせます。

このとき、手はカラダに沿わせて脚の方向へ引っ張られるイメージです。

腕をしっかりと伸ばし、胸が開いていることを確認したら、
息を吸ってキープし、息を吐きながら@の体勢へ戻ります。

これを5回繰り返しましょう。


これなら寝る直前や起きたときにさらっと出来ますね^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。