ヨガで肩こりをほぐすやり方

ずっと同じ姿勢でいると、血液の循環・新陳代謝が悪くなり、
疲れやすくなります。

このヨガのやり方・三角ポーズは、腹部と肩甲骨の深層部を刺激し、
血の巡りがよくなり、肩と腰周りがとてもスッキリ
します!


ちょっと疲れたな。。
ちょっとした気分転換にこのヨガのやり方を試してみてください。


(1)
背筋をまっすぐに伸ばし、イスに浅く腰をかけます。

膝を合わせて、両手を肩の高さで横へ広げましょう。
手の先までしっかり延ばしてください。

<息を吸って>準備。



(2)
<息を吐き> ながら、左手を右足首の外側の方へ下ろし、
右肩を広げながら、右手は天井へと高く持ち上げます。

顔は上げたほうの手(ここでは右手)を見るようにし、少しずつ肩甲骨を
寄せ、ゆっくりと胸を広げていきましょう。

イスに座って腕を広げたときは床に水平だったのがここでは
直角になっている感じです。

そのままの姿勢で、30秒間呼吸を繰り返します。



もし、肩甲骨が硬く、腕を天井へと持ち上げられない人は、
まずはななめに持ち上げてみましょう。


少しずつでいいので、続けていくとまっすぐ、そして高く持ち
上げられるようになると思います。

「肩がこったな」、「背中が丸まってるな」と感じた時に、
左右1回ずつ1セット行ってみてください。

この記事へのコメント
TBありがとうございました。
ピラティスは最近はやっていますね。
やり方がわかりやすく書いてあり参考になりました。さっそく実践! ^^
Posted by yakuji-info at 2006年05月29日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。