ヨガの呼吸法

ヨガは体のメンテナンスだけでなく、こころのメンテナンスも
大切です。

ここで紹介するヨガの呼吸のやり方はしっかり練習して、
体にしみこませましょう!


ヨガの呼吸法をやるには リラックスすることが大切です!

十分リラックスできたらいよいよヨガの呼吸法に入っていきましょう。


(1)
まず肩の力を抜き背筋を伸ばして安座(アグラをかいて座ること)します。
このとき気持ちをリラックスすることを忘れずに!


(2)
親指と人差し指で軽く円をつくり残りの3本の指は伸ばし、ひざの上に
おきます。


(3)
お腹から空気を出し切るように鼻から息を吐き、今度はお腹の中に
ある風船に空気を入れるように鼻から息を吸います。

ひざの上においた手腕、胸とおなかで風船を抱え、
その風船を膨らませたり、すぼめたりするイメージです。



(4)
息が体の中心を通じて上下するようなイメージを保ちながら、
ゆっくりとした腹式呼吸を行いましょう。


(参照 Allabout)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18204997

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。